2005年05月03日

ちょっと堅い話

今日はいつもと違って、少し堅い話。

ここのところの中国での反日デモは、日本と中国だけの問題のように取り上げられているけど、実はそうでもない。
・・・米国だ。

今回の中国の反日デモは米国発信であることは周知の事実だけど、軍事的な問題以外にも、日中関係が悪くなることで米国が得をすることは多い。

米国は郵政民営化後の莫大な資金を自国に導きたい。つまり、日中関係が良くなって資金がそちらに流れるのは困る。そこで日中関係を冷え込ませることで、資金をできる限り多く米国に導く、というのが米国の“一部勢力”の戦略なのだろう。
(何せ、郵政民営化は、ブッシュ再選時の公約の1つだったのだから!)

もちろん、日本は近隣諸国に対して真摯に反省すべき点は反省する、という態度が一番大事であることは当然ですが。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 郵貯・簡保を批判する前に  [ 為替王 ]   2005年05月04日 13:53
先日、郵政民営化を扱った記事を書いたところ、たくさんのコメントを頂戴しました。いろんなメディアを通して伝え聞く限りでは、郵政事業の現状に対しては不満を持ち、大改革が必要だと感じている方が多いようですね。 ところで、私は郵便局に1円も貯金していません。簡

この記事へのコメント

1. Posted by Quetzal   2005年05月03日 14:53
ゴールデンウィークにしては暑い日が多い今年ですが、
この写真
(Web 版の方にも同じ場所みたいな写真がありますよね)
は爽やかな春という感じで、目で涼んでいます(^^)。
もしかしてこの写真、"Saturday in the park" の
タイトルに添えられている写真の場所と同じですか?
2. Posted by hirobot   2005年05月03日 15:10
Quetzal さん、こんにちは。

そうなんです。同じ場所です。
一種の定点観測ですねー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔